debian-open-logo-nd東京エリアDebian勉強会

このページを編集する方法について

対象者

編集する担当者はDebian勉強会の裏方です.このページは一般のユーザを読者として対象にしていません.

必要ツール

Debian勉強会のページを編集するには,emacs-museを利用しています. Debianであれば,elpa-muse(旧名:muse-el)パッケージを利用してください.

ファイルを編集してcommit後にpushすると、salsaに設定しているCI処理でhtmlが生成されてwebサイトに配置されます。

ディレクトリ構成

salsaサーバのtokyodebian の tokyodebian-team.pages.debian.net プロジェクトの git レポジトリの中にソースがおいてあります。 ディレクトリとファイルの構成は下記のとおりです.

ファイル 意味
muse-config.el emacs用の設定ファイル,ここでmuse用のパラメータを設定しています.
Makefile 自動生成用のルールを記述 (emacsをwikiプロセッサーとして使っています)
*.muse Muse 用のファイル, wiki風 markup です.
html/debianmeeting.css スタイルファイルです
html/*.html 自動生成されるHTMLです
git-pre-commit.sh cp -p git-pre-commit.sh .git/hooks/pre-commit として利用するチェック用スクリプトです

コンパイル方法

git commit をする際に git-pre-commit.sh を利用すると自動で make preview してくれるようになります。 make publish でリリースです。

コマンド 内容
make html/ 以下にhtmlファイルを生成
make preview firefox(cli環境の場合はw3m) を起動して、プリビュー

TIPS

ssh の設定で、 ssh salsa.debian.org だけで salsa へ接続できるようにするには、 ~/.ssh/config を編集すると便利です。 「Host salsa.debian.org」 項目を作成して、「User ユーザ名」を指定すればよいでしょう。

例:

Host salsa.debian.org
  User username-guest
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.yourkey